不眠症とうつ病の関連|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

不眠症とうつ病の関連

不安な女性

うつ病と関連性が非常に高い!

うつ病といえば精神疾患の一つであり、日本においては大変深刻な病気とも言えます。
そんなうつ病ですが、実は不眠症と非常に関係が深いことが分かっています。
不眠症からうつ病に発展するケースであったり、うつ病から不眠症に発展するケースどちらも可能性がある為、注意が必要です。
また、うつ病は自分が気づかないうちに、いつの間にか発症していることが多いため、いつの間にか重いうつ病に発展しているケースもあります。
では、なぜ精神疾患であるうつ病と関係性が深いのか?その観点を中心に色々とお話を進めていきたいと思います。
是非、今悩まれている方の参考になればと思います。

うつ病になると、なぜ不眠症になるの?

うつ病になる人の多くは、性格上は神経質な方が多いことが分かっています。また、最近においては、医学的にうつ病になる原因の一つが解明されています。
それが、 脳内ホルモン「セロトニン」の減少です。このホルモンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、私のたちの心のバランスを保つ重要なホルモンです。
睡眠の知識がある程度ある方なら、一度は「セロトニン」というホルモンの言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?
このホルモンは睡眠ホルモン「メラトニン」と深い関係があります。
セロトニンがメラトニンの元となるからです。つまり、セロトニンが減少するということは、メラトニンが減少してしまうことになり、結果的に睡眠が浅くなったり、眠れないといった問題が起こってしまうのです。
このように科学的に大きな関係があるということをまずは抑えておいてください。

不眠症になると、なぜうつ病になるの?

不眠症になるということは長期的に眠れない状態が続いているという状況です。
短期間で眠れていないという状況は、一時的なものであり不眠症ではありません。(一過性不眠)
みなさんも想像して欲しいのですが、長期間(1ヶ月以上)眠れないという状況が続くとどうでしょうか?
心の中は当然穏やかではありません。
「今日も眠れるのか」「こんなに早く目覚めてしまった」「眠たいのになぜ眠れないの?」こんな不安な気持ちが目まぐるしく、日々続くわけです。
このような状態では、当然気持ちも不安定になっていくわけです。
また、眠れない状況はホルモンバランスにも影響を及ぼします。このような関連から、不眠症からうつ病に発展するというケースがあります。

うつ病から不眠症になったケースの特徴!

不眠症にも色々なケースが存在します。
その中でも、特にうつ病から不眠症になった場合は、特徴があります。
それは 「早朝覚醒」「中途覚醒」の状態になりやすいということです。
簡単に説明すると、夜布団に入って、寝付くことはできます。でも寝付いても何度も目覚めてしまったり、朝早くに目覚めてそれ以降眠れなくなったり、といった症状です。
このケースが非常に特徴的ですので注意してください。
また、高齢者不眠も似たような不眠症症状を表します。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.