早朝覚醒の原因と対策|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

早朝覚醒の原因と対策

高齢に伴う早朝覚醒

早朝覚醒とは不眠症症状の主要となる一つと言えます。
簡単に説明すると朝早く目覚めてしまい、そこから寝付けなくなる症状です。ですので、朝目覚めるけど、再度眠れるという人は、早朝覚醒とは言えません。
この早朝覚醒がよく起こるのが、高齢者です。みなさんもイメージしやすいと思いますが、高齢者の方は、朝早く目覚めているイメージがあるのではないでしょうか?これは、多少は仕方のないことです。成人に比べれば、健康の衰えも否めませんし、睡眠の低下も否めまないのです。
特に高齢者で早朝覚醒が起こってしまう原因としては、体内時計の加齢変化によるところが多いです。体内時計が崩れてしまうと、当然睡眠も崩れてしまいます。
睡眠の仕組みとして、ホルモンの分泌であったり、体温リズムというのが大変重要になります。そのリズムを管理しているのが体内時計です。加齢化に伴って、体内時計が早く作動してしまい、ホルモン分泌であったり、体温リズムというのも、成人に比べると早くなってしまいます。
その為、早く眠るなり早く起きてしまうという具合です。
もちろん、これだけの症状ですと不眠症とは言えません。ごくごく自然な老化現象です。
更に追い討ちをかけるように、ノンレム睡眠の時間も減少することが分かっています。その為、中途覚醒の原因にもつながってしまいます。

うつ病の初期症状が原因になることも!

うつ病と不眠症というのは密接な関係にあります。というのも、うつ病というのは「セロトニン」というホルモンが減少しているという事がわかってきたからです。セロトニンというホルモンは、「メラトニン」という睡眠に大変重要なホルモンを作るための大元と考えてください。
そのセロトニンが減少することによって、うつ病に発展し、更には睡眠にも影響を及ぼしてしまいます。その睡眠に影響を及ぼしてしまう初期症状として早朝覚醒があります。
特にうつ病の人の特徴として、どんどん早朝に目覚めるといった現象が早くなっていきます。

季節の変わり目・温度変化が原因に?!

これも、結構大きな原因になります。
特に温度変化は強く影響してきます。冬に入った時期に、急激に温度が低下してしまい、体温調整が崩れてしまいます。
睡眠におって、深部体温というのは大変重要です。その体温に季節・急激な温度変化というのは影響を及ぼしてしまいます。

早朝覚醒の対策

対策方法

まずは、光対策です。朝日というのは一日のスイッチと考えてください。朝日を浴びることで、人間は一日が始まったと実感できるわけです。そして、その日の眠るスイッチもそこで入ります。
1日は朝日に始まり朝日に終わるのです。
この朝日対策を行うことが、早朝覚醒対策の第一歩となります。
そこで、是非活用して頂きたいのが遮光カーテンです。朝日は季節によってもまちまちですが、特に夏場になると日が昇るのが早くなります。そこで、目覚めのスイッチが入ってしまい早朝覚醒へとつながってしまいます。
遮光カーテンを使うことで、朝日をシャットアウトしてしまうと言う対策を是非かつようしてみてください。
また、次にオススメの対策方法が、夕日を浴びるという方法です。体内時計は暗くなってくると、体温調整測っていきます。そこで、夕日を浴びることで体内時計を遅らせるという対策があります。
そうすることで、目覚めの時間も遅らせることが可能となります。
これを上手に活用すると、逆に朝起きれないといった方は、逆の方法を行ってみると良いと思います。
例えば、遮光カーテンで真っ暗な部屋で寝ているという方は、逆に普通のカーテンにする事で、朝日を浴びることができるため、目覚めも早くなります。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.