睡眠不足症候群|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

睡眠不足症候群

睡眠負債

睡眠負債

働く世代の人たちの睡眠時間は慢性的に不足し、睡眠負債(睡眠不足の蓄積)が蓄積していることは明らかです。日本での成人4000名を対象とした調査では、睡眠時間が6時間未満の人が28%いたそうです。
現代社会では、睡眠が軽視されがちになっています。少しくらいの睡眠不足は、すぐには健康には影響しません。しかし、長い間、睡眠不足でいると、事故を起こしたり、生活習慣病やうつ病になるリスクが高まります。睡眠負債を溜め込むと、最後にはその重さで、大きなつけを支払うことになってしまいます。

睡眠不足症候群

・過剰な日中の眠気を訴える。異常な睡眠パターンはほぼ毎日、少なくとも3ヶ月持続している・
・すべての年齢層、男女ともに罹患。特に若い男性に多い。
・訴えとして、耐え難い眠気、イライラ、集中力低下、作業効率低下、意欲低下、疲労感、不穏
・本人は、症状が睡眠不足によることを認識していない。
・同年代の健常者に比べて、睡眠日誌や活動計で測定された睡眠時間が短い。
・週末にはいつもより長く眠る。
・睡眠ポリグラフ検査結果では、入眠潜時10分以下、睡眠効率は90%以上、入眠潜時反復測定では
 平均入眠潜時が8分以下
・過眠を起こすほかの疾患の診断基準に該当しない

睡眠不足の影響

朝日が昇るパノラマ

必要な睡眠時間をとらないことで、睡眠不足の影響が眠気やイライラ、集中力低下となり、ひいては事故の原因となります。この病気は、まじめな若い男性サラリーマンに多いといわれますが、中・高校生から壮年世代まで、広い年代にみられます。仕事やクラブ活動などの社会的要因によって、生理的に必要とされる量の睡眠が確保できず、日中に強い眠気や集中力の低下、イライラなどの症状が現れます。睡眠不足の自覚が無いこと特徴的です。個人差はありますが、毎日8時間ほど眠ると、この睡眠不足は全くなくなります。どこでもすぐ眠れるというのは、実は、睡眠不足からきているのです。
平日の睡眠時間に比べて休日に2時間以上長く眠っている場合には、この病気が疑われます。適正な睡眠時間は人それぞれであり、日中いきいきと過ごせれば睡眠時間にこだわる必要はありません。しかしながら、短縮を続ける日本人の平均睡眠時間をみると、適正な睡眠時間誤って認識している人が多いように思われます。充実した生活を送るためには、必要な睡眠時間の認識と確保が重要であることを理解することが大切です。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.