睡眠時無呼吸症候群の症状と原因|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

睡眠時無呼吸症候群の症状と原因

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の患者は中年の男性の多く、日本では約300万人いると言われています。しかし、実際に治療を受けているのは、そのうち10万人程度とも言われています。
症状としては、10秒以上続く無呼吸が30回以上、あるいは1時間に平均5回以上起こる場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。大きないびきをかき、いびきが突然止まると同時に呼吸も一時的に止まります。そして、大きないびきとともに呼吸が再開します。
これを一晩中何回も繰り返します。しかし、睡眠中のこことなので、本人はいびきや無呼吸に気づきません。
呼吸が再開するとき、本人は気づかないものの、脳は目覚めています。その為、深い睡眠がとれず、熟睡感が少なくなります。
さらに、昼間に強い眠気が起こり、居眠りをする事が多くなります。
その他にも、日中に「疲労感がとれない」「体がだるい」「集中力が低下する」などの様々な症状が現れます。

肥満やあごの骨格のほか更年期のホルモン変化も原因に!

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠中に呼吸が止まってしまう原因のほとんどは、呼吸の時に空気が通る上気道が、喉の軟口蓋や口蓋垂、舌の付け根(舌根)などで塞がれてしまうことです。
いびきは、重力によって舌根などが落ち込み、狭くなった上気道を、無理に空気が通るときの振動音です。気道が完全に塞がれてしまうと、空気が通らなくなって、呼吸が止まります。
また、肥満のある人は、顎の小さな人なども、睡眠時無呼吸症候群の原因の一つに挙げられます。
上気道が塞がれる原因で最も多いのは、「肥満」です。肥満のある人は、軟口蓋や喉の周囲などにも脂肪がついており、気道が狭くなりがりです。首が短くて太い人も、同様です。
肥満がなくても、顎の骨格が小さな人は、仰向けに寝たとき、舌根がのどの奥に落ち込みやすく、やはり上気道を狭めてしまいます。
更年期以降の女性も注意が必要です。女性ホルモンには脳の呼吸中枢を刺激する作用がありますが、更年期以降は女性ホルモンの分泌が極端に減少するため、発症しやすくなります。

放置しておくと交通事故などの原意にも繋がる!

この病気は放置しておくと色々な悪影響を招く原因に繋がります。
その一つが昼間の眠気による影響です。眠くて体がだるいため、仕事や勉強などに対するやる気が失われ、QOL(生活の質)が著しく低下してしまいます。強い眠気は、大切な会議や商談中など、通常は眠くならないような場面でも起こるため、社会生活に大きな影響を与えます。
さらに、強い眠気のせいで、交通事故や危険なさぎょうでの事故を起こしてしまう原因にも繋がります。自分だけではなく、結果として周囲の人の命に関わる危険性も高くなります。
実際に、公共交通機関での重大事故などに、睡眠時無呼吸症候群が原因であった事例が、世界的に報告されています。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.