過眠症とは?|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

過眠症とは?

過眠症の症状

睡眠障害国際分類第2版において、日中の眠気は「日中の主な覚醒エピソードの間中、起きて覚醒度を保っていられず、その結果、思わずうとうとしたり、居眠りをしてしまうこと」と定義されています。
日常・社会生活をおくるうえで、人は適切な覚醒度を保たなければなりません。もちろん、普段から自分の覚醒度を意識している人は少ないでしょう。しかし、覚醒度の低下、つまり眠気が出現してくると、それは無視できないものになってきます。眠気による作業遂行能力の低下が、交通事故や労働災害の原因となり、生命の危険性にまで関わってきます。

過眠症の分類

①情動脱力発作を伴うナルコレプシー
②情動脱力発作を伴わないナルコレプシー
③身体疾患によるナルコレプシー
④特定不能なナルコレプシー
⑤反復性過眠症(クライネ-レビン症候群と月経関連過眠症など)
⑥長時間睡眠を伴う特発性過眠症
⑦長時間睡眠を伴わない特発性過眠症
⑧行動誘発性睡眠不足症候群
⑨身体疾患による過眠症
⑩薬物または物質による過眠症
⑪物質または既知の生理的病態によらない過眠症(特定不能な非器質性過眠症)
⑫特定不能な生理性(器質性)過眠症(特定不能な器質性過眠症)

過眠症の原因

過眠症は、脳障害や、うつ病、尿毒症、線維筋痛症などにより引き起こされます。それによってナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害といった他の睡眠障害の症状となることがあります。
特に、睡眠時無呼吸症候群は身体が酸欠状態になるため睡眠が中断します。しかし眠り出すと再び呼吸が止まってしまうため、深い睡眠をとることができなくなります。このため慢性の睡眠不足の状態となり、昼間の眠気が出現します。昼間の眠気が出現するだけでなく、夜間の長時間の酸欠状態により、高血圧が引き起こされたり、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなったり、糖尿病が悪化したりと、生活習慣病が引き起こされます。このため中等症以上の睡眠時無呼吸症候群を放置すると10年後には3~4割の方が死亡してしまうといわれており、早期治療が大切です。
また、過眠症は他の薬(うつ病、不安、双極性障害向けの向精神薬等)の副作用や禁断障害、ドラッグやアルコールの乱用でも引き起こされる可能性があります。これらは、遺伝的素因が一因と考えられています。
体型においても体重過多の人ほど過眠症になりやすい傾向にあります。その場合、睡眠過多がエネルギー消費を妨げ、減量しづらくなるので、ダイエットがとても難しいものになります。
他の可能性としては、伝染性単核球症、そして子供のインフルエンザによっても起こることがあります。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.