市販の睡眠導入剤|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

市販の睡眠導入剤

不安な女性

睡眠薬と睡眠導入剤の違いは?

最近薬局などで購入ができるようになっている、「睡眠導入剤」。その他にも、睡眠改善薬などという呼ばれ方もされています。市販に変える睡眠導入剤と睡眠薬はどう違うのでしょうか?また、睡眠サプリとの違いはあるのでしょうか?
今回は、副作用・依存性・利便性などの観点から、睡眠薬などと比較をして行きたいと思います。
特に長期的に服用されている方には、是非一度読んで頂きたいです。
そして、選択肢があることに気づいて頂ければ幸いです。
不眠症で悩んでいる方たちの大半が薬で解決したくないと考えています。何か別の方法で解決する方法はないか考えているのです。そこに誕生したのが睡眠導入剤です。ですが、名前は変われど、これも薬の一種なのです。
この方法以外にも、快眠を助けるサプリメント・音楽・生活習慣・アプリなど様々なアイテムがあるのです。

市販の睡眠導入剤の効果

睡眠導入剤の役割として大きな物が、入眠を促すことにあります。つまり、床に入ってもなかなか寝付けないという方が多いともいます。そのような方たちにオススメなのが、この市販の薬です。
睡眠導入剤という表現をしていますが、薬と思ってください。
もともと、この薬の誕生は副産物として知られています。
みなさんは風薬を飲んだことがあると思います。風薬を飲む際に、副作用の部分を一度確認してみて下さい。薬を飲んだ直後などは車の運転を避けてください。という表記があると思います。あれは、風薬を飲むことで、副作用として眠くなるからです。
そして、この風薬の副作用に注目して作られたのが、睡眠導入剤というわけです。
つまり副作用の副産物ということになります。
確かに、このタイプの薬は副作用が弱いと言われています。睡眠薬などは眠らせるために作られたものですが、このタイプは副作用の副産物だからです。
先程も述べたように、入眠を促す事が主な役割ですので、例えば不眠症の一種である熟眠障害などのように、睡眠の質に問題がある方などは解決できません。

不眠症で気になる方は→不眠症4つの症状

市販の睡眠導入剤の副作用は?

副作用は通常の睡眠薬と比較するとかなり低いように作られています。ですので、比較的多くの方が利用されています。ですが、一つ問題があります。それは試用期間です。市販ものは、自己判断で購入可のです。ですので、好きなようにご使用していいのですが、試用期間は注意しましょう。
通常市販の薬の試用期間は1ヶ月です。つまり1ヶ月以上使用し続けると、副作用が発症する可能性が極めて高くなるということです。この点を軽視して、効果を実感できるからといって、長期的に服用する方も多いようです。これは危険な使用方法です。
また、飲む量も薬同様に決まっていますので、きちんと守るようにして下さい。

不眠症で気になる方は→不眠症4つの症状

市販の睡眠導入剤の利便性

もう一点、睡眠薬と比較すると人気を博した理由があります。それが利便性です。普通に薬局などに行って購入可能なのです。
通常病院などで処方される薬は、医師の診断が必要です。その指示のもと服用する事が可能となっております。ですが、その時に渡される薬の量は2週間~1ヶ月間分くらいです。つまり、服用を続けていくためには、診察を定期的に受ける必要があるということです。
ですが、働いているサラリーマンの方などが、定期的に通院して、診断してもらうというのは到底選択しにくい事です。
また、診察する病院が遠いとなると、車を持っていない方なども大変不便が悪いのです。
市販の物であれば、近くの薬局屋さんで購入可能です。その点の利便性に長けているという事は、大変大きなメリットでもあるのです。

不眠症で気になる方は→不眠症4つの症状

使用前に一度考えて下さい!

さて、市販の睡眠導入剤について色々と説明させて頂きましたが、使用前に一度考えて頂きたいのです。というのも、睡眠の悩みとどう向き合うのかという事です。
只々その日その日を眠れればそれでいいのでしょうか?
確かに、眠れない方にとって、その日眠れるということは幸せな事だというのはわかります。
ですが、薬というのは長期的に使用し続ければ必ず体の中で抗体が出来上がります。最初は1錠で効果を感じる事ができたものが、いずれ2錠・3錠と増えていくのです。
こうなると副作用の確率がどんどん高くなることは間違いありません。
これでは、ひと時の幸せを掴んだに過ぎないという事です。
一つの悩みが解消されたとしても、新たな悩みが生まれてしまう不の連鎖が始まるのです。
きちんと解決していくには2通りあると思います。

医師の指示のもと、解消を図っていく

現在では、不眠外来・睡眠外来といった睡眠に特化した科が出来ています。先程も言ったように、利便性には欠けていますが、自己判断で薬を使用していくよりは遥かに良いと思います。薬のバリエーションであったり、現状の不眠の症状にあった薬の洗濯もしてくれるので安心です。
ですが、1点問題があります。睡眠外来などに勤めている医師の力量です。医師一つの判断で薬・治療法が決まります。仮にその医師が間違った判断のもと、治療を勧めていけば結果として治ることはありません。
そこで、大事になってくるのが、自分の症状を包み隠さず、正確に出来るだけ伝えて下さい。状況が分かることで、より正確な治療に結びつくからです。
時折、患者の中には、医師に遠慮してしまい、医師のいいなりになる方もいらっしゃいますが、これでは治療とは言えません。単なる医師の自己判断なだけです。
ありのままのことを伝え、色々と相談して行きましょう。

サプリメント・日常生活スタイル・その他の効果的なアイテム

単に、不眠を解決するものとして、睡眠薬・市販の睡眠導入剤しかないということではありません。当サイトでご紹介している様の、不眠解消サプリメントといった物も存在します。
サプリメント何て効くはずないとお考えの方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
現在では色々な研究が成されており、不眠症サプリメントに含まれている成分な基本的に不眠に効果的な物ばかりを選択されています。
以前では、数が少なかったため、気休めのサプリメントなどもありましたが、競合が増えることで、より効果的なものを作るように変わっているのです。確かに中には、効果的な成分は含まれていても、配合量が少ないといった物も存在します。
ですので、騙されないためにも、一度当サイトの比較を参考にして下さい。
また、サプリメント以外にも、解決策はあります。日常生活スタイルを変えていく事です。他にも、音楽アプリであったり、解消グッズなどもあります。
選択肢は色々あるのです。その選択肢を理解して頂き、睡眠薬・市販の睡眠導入剤をご検討しても良いと思います。

気になる方はコチラ→不眠症サプリランキングが発表

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.