不眠解消のための意外な生活習慣|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

不眠解消のための意外な生活習慣

意外?!朝日を浴びることが不眠解消に繋がる?

朝日を浴びる、ということが不眠症を解消してくれるのか、半信半疑かもしれません。これには、根拠があるのです。
人間には体内時計が備わっています。体内時計は、1日の生活のリズムを調節する非常に重要な役割を持っています。日中は体を活動状態、夜間は休息状態にと切り替えをしてくれます。
ここで興味深いのが、1日24時間ですが、体内時計は約25時間周期でリズムを刻んでいるのです。つまり、1日あたり約一時間の「ずれ」が生じていることになるのです。この「ずれ」をリセットしなくてはならないのですが、どうやってリセットするのか?それは、朝日を浴びることでリセットされます。
毎朝、朝日を浴び、1日の体内時計をリセットすることで、生活のリズムを整えているのです。体内時計をリセットできないと、いつも同じ時間に寝ようとしても、「ずれ」が生じているため、寝付くことができず、結果として不眠症を誘発してしまうのです。
1日の初めは、朝日を浴びることから始めましょう。朝日を浴びることは、当たり前に習慣としてできることです。例えば、起きてカーテンを開く、新聞を取りにいく、5~10分の軽い散歩などです。自分にあった朝日の浴び方を見つけましょう!

昼寝が実は不眠に良い?

社会に出て働いている人なら引け目を感じたり、マイナスのイメージを持たれるかもしれません。
しかし、昼寝は脳をリラックスさせてくれます。昼寝を行うことにより、事故の予防、仕事の効率アップ、自己評価のアップなどが期待されるため、職場・学校などで昼寝が奨励されつつあります。また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすくなります。昼寝は、マイナスではなくプラスの効果をもたらしてくれるのです。
昼寝は、沢山寝れば良いと言うわけではありません。適正な時間として15~30分程度がよいとされています。それ以上の昼寝は、逆に脳の活性を下げ、不眠の原因になることもあります。また、眠る時間帯も、午後1時~3時頃が推奨です。自分に合った適度な昼寝の仕方を見つけましょう!

お風呂に浸かると眠れる?

それは、体温がある程度下がると、眠気をもたらすからです。入浴すると、温かいお湯の中に身体を入れるため、身体は温まっていきます。身体が温まれば末梢の血管は拡張します。すると、お風呂から上がった後には身体から熱がどんどん逃げていくことになり、体温の低下速度が速まります。これが眠りを導いてくれるのです。
お風呂の入り方として、

  • ・お風呂に入る時間は、就寝時間の1~2時間前
  • ・入浴前と入浴後にコップ1杯の水分摂取
  • ・設定温度は40℃(熱すぎても温すぎてもダメ!!)
  • ・浴槽に浸かる時間は10分程度

これらを参考にして、自分に合った入浴の仕方を見つけましょう!

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.