暖房器具の効果|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

暖房器具の効果

 

寒さ対策

寒いと交感神経系活動が高まるだけでなく、手足の抹消血管が収縮しますので、皮膚からの放熱が起こりにくくなります。その結果、覚醒が高まり、入眠が妨害されます。
そこで、就床直前にぬるめのお湯にさっと浸かるか、手足を軽く温めると寝つきがよくなります。古くから、頭を冷やして足を温めるという「頭寒足熱」が健康によいと言われてきました。実際、手足を温めることで、抹消からの放熱を促すと同時に、頭を直接冷やすことで脳の温度(深部体温)を下げると寝つきが良くなり、睡眠が促進されます。
ただし、体が温まりすぎると、体温が上昇して覚醒レベルが高まります。その結果、かえって眠りにくくなるので、就床直前に熱いお湯に浸かることや長時間の入浴は避けるべきです。

 

電気毛布や電気アンカの効果

電気毛布

寝るときに手足の温度を上げる方法として、電気毛布や電気アンカもゆうこうです。
ただし、一晩中、布団の中を暖め続けると、布団の中の寝床内気候は夏の高温環境と同じになります。体温が下がりにくくなり、睡眠が妨害されます。
そこで、電気毛布や電気アンカは、寝る前までにスイッチを入れて布団の中を暖めておき、寝るときにはスイッチを切るようにします。そうすれば、就床時は布団の中が暖かくて皮膚温が上がるので、体から放熱しやすくなり、入眠が促進されます。寝ている最中には布団の中の温度が徐々に下がっていくので、睡眠を妨害しません。

寒冷地の場合

扇風機

寒冷地の場合では、部屋全体を暖めようとすると暖房費がかさむので、特に高齢者の方は、夜は布団の中だけを暖めようとする傾向があります。電気毛布や電気アンカを使うだけでなく、下着や寝具を重ねることで対処しようとします。
しかし、高齢になると頻尿になりやすいので、夜間でもトイレに行く回数が増えます。暖かい寝床から出るたびに低温にさらされることになりますので、血管が急に収縮し、血圧が急上昇します。
このように、体に大きな負担がかかるばかりでなく、トイレに行っている間に手足が冷えるので、再入眠しようとしても寝つきが悪くなる場合があります。
経済的な問題もあり、寝室全体を暖めるのは難しい場合もありますが、夜間でもなるべく寝室の温度を16℃以上に保つようにしたほうがよいでしょう。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.