精神生理性不眠症(PPI)|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

精神生理性不眠症(PPI)

漢方薬

特徴と症状

精神生理性不眠症(PPI)は、心理学的要因から発症する代表的な睡眠障害です。その基本的特徴は「身体化された緊張」および「学習された睡眠妨害的連想」と表現されます。
ちょっと難しいですね。
例えば、誰にでも起こりうる不眠の状態が数日あったとします。原因は様々で、ストレスを感じる仕事を抱えていたから、あるいは加齢変化による生理的なものかもしれません。
このとき、神経質な正確傾向、睡眠や健康やのトラわれが強い人などでは、眠れないことへの不安や焦りが生じ、それはやがて恐怖にまで発展していきます。これを不眠恐怖とよんでいます。
やがて、不眠恐怖は眠るための過剰な努力を促すようになります。そして、その緊張感は身体化され、夜間の覚醒レベルは上昇していきます。眠れない苦しみにより「この寝室に入ると目が冴えてしまう」という睡眠妨害的な負の学習が形成されていきます。
PPI患者は、日中の覚醒レベル(緊張感)も上昇している事が多く、慢性的な睡眠不足の状態にありながら、計画的な昼ねが出来ない事が多いのも特徴です。一方、旅先のホテルや自宅のリビングなどの環境や、単調作業中や会議などの状況では、睡眠妨害的連想が働かない事や、眠ろうと意識していないことから、容易に眠りに落ちる傾向があります。

疫学

実際に、不眠に悩む患者様にどのような漢方薬が使用されるのでしょうか?

有病率

一般人口の1~2%に認められるとされ、睡眠障害センターの患者においては12~15%を占めるといわれています。

好発年齢

児童期には稀で、青年期から始まり、中年以降で急激に増加します。

性別差

男性よりも比較的女性に多く認められています。

治療

PPI患者への治療の基本は睡眠衛生教育で、睡眠に関する正しい知識をもつことや、睡眠を改善させるための生活習慣を指導します。
また、「学習された睡眠妨害的連想」や「身体化された緊張」の改善に焦点をおいた、認知行動療法も有効です。認知行動療法は、刺激制限療法・睡眠時間制限療法・筋弛緩法・自立訓練法・バイオフィードバック法などを組み合わせて行うのが一般的です。
不眠恐怖が著しい患者には、抗不安薬や睡眠薬を使用する事がありますが、薬物療法はあくまでも補助的なものに留めるべきです。また、PPI患者は、薬物に対する不安(依存性・副作用)や葛藤が強いので、投与する際には、睡眠薬に関する正しい知識を十分に説明して、安心感を与える事が必要になります。
超短時間作用型ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が、臨床上使用される事が多く、また、不安が顕著な場合には、筋弛緩作用の強い抗不安薬の併用も有効です。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.