睡眠薬の服用時の注意点|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

睡眠薬の服用時の注意点

医師の判断

医師に従うこと

睡眠薬を処方されたら、必ず医師の指示にしたがって飲むようにしましょう。自分勝手に、飲み日があったり、飲まない日があったりすると、不眠解消にはつながりません。
睡眠薬なしで生活できるようになるまで、医師とよく相談することが大切です。
朝おきて頭が「ボーッ」とするなど、効き過ぎる場合も医師に相談して下さい。
薬に頼らず眠れそうと思ったら、まず医師に相談しましょう。それ以降の薬の量を減らす方法など指示が出来ますので、それに従って薬の量を調整して下さい。
自分の判断で勝手に飲まなようにする事は厳禁です。リバウンド現象で、眠れなくなる場合があります。睡眠薬は飲んでから効いてくるまでに30分ほどかかりますので、眠りたい時間に合わせて飲み、寝床に入ってまるのが良いです。飲んでから入浴したりはしないことです!
ふらついたりして危ない場合があります。

医師の判断

睡眠薬との飲み合わせに注意!

睡眠薬を飲んでいる期間は、飲み合わせに注意する必要があります。
他の治療薬との併用は、特に注意です。ベンゾジアゼピン系の薬は、抗不安剤や抗てんかん剤にもありますので、併用すると作用が強まってしまいます。
違う病院で処方されている薬は、必ず医師につがえるように!
また、睡眠薬は、アルコールと一緒には飲まないように!アルコールは睡眠薬の作用を強めてしまいます。ということは、睡眠薬の副作用を強まらせる可能性が出てきます。例えば、フラツキが強く出たり、記憶が抜けてしまったり、命に関わるようなことにもなりかねないので、絶対に行わないようしましょう。
特に、高齢者の方などは、夜にトイレに行く際などに、眠気が強く残りすぎて、フラつき転倒に繋がり、骨折にもなりかねません。
また、もう一点飲み合わせとして注意する点があります。それが、グレープフルーツジュースも一緒に飲むと、薬が効きすぎてしまうので注意が必要になってきます。
サプリメントの中には、薬の作用に影響を及ぼすものがあるので、注意が必要です。
特に、グレープフルーツジュースとの飲み合わせが最悪なのが、血液の流れを良くする薬です。例えば、ワァーファリンです。必ず、薬の使用上の注意を読んでから、服用するように心がけましょう。

市販の睡眠改善薬は長期服用しない

市販の睡眠改善薬がありますが、こちらは医師からの処方される睡眠薬とは違うものです。最近では市販の睡眠導入剤とも呼ばれています。
市販のものは、抗ヒスタミン剤で、風薬や鼻炎薬などに含まれている成分です。鼻炎の薬を飲むと眠くなることがありますが、それと同じ成分です。長く飲んでいると、体が慣れてしまって効かなくなることもあります。根本的に不眠の治療をしたいのなら、病院を受診するという手段があります。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.