睡眠薬の選び方|睡眠障害でお悩みの方へ - 不眠症解消.COM

不眠解消サプリメントランキング2014版

睡眠薬の選び方

睡眠薬の種類

不眠のタイプなどによって使い分けられる!

生活習慣を改善しても不眠が解消できないときは、睡眠薬が用いられることがあります。睡眠薬というと、「薬がやめられなくなるのではないか」などと不安に思う人も多いようです。しかし、現在は、主に「ベンゾジアゼピン関連物質」という比較的安全性の高い薬が用いられており、医師の指示通り服用すればほとんど問題ありません。
睡眠薬には色々な種類があり、最近では、不眠のタイプだけではなく、不眠への不安感の程度も考慮して、薬が選ばれています。

不眠への不安感の強さによる選び方

睡眠薬には、抗不安作用のあるものと、抗不安作用の弱いものがあります。「また眠れないのでないか」といった不眠遺体する不安感が強い人には、抗不安作用のある薬が選択されます。
このタイプの睡眠薬には筋肉を弛緩させる作用もあるため、夜中にトイレに起きた時などに、脱力して転びやすくなる可能性があります。そこで、それほど不安感のない人や、お年寄りなど、足ものとのフラつきや店頭などの心配がある人には、眠気のみに働きかけるタイプの薬が使用されます。

不眠のタイプによる選び方

睡眠薬には作用の持続時間が短いものと長いものがあり、不眠のタイプによって使い分けられます。入眠障害のある場合は、作用時間の短い睡眠薬で寝付きを良くします。
中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害のある場合は、作用時間の比較的長い薬が選ばれます。

薬のやめ方

「睡眠薬を飲めば、不眠になる前と同じように生活ができる」という状態になったら、良しと相談しながら服用中止を目指しましょう。辞め方には、薬を減量していく方法と、休薬日を儲ける方法があり、薬のタイプによって異なります。
薬を減量する場合は、少しずつ「遅寝早起き」にして、睡眠時間を不眠になる前の状態に戻しながら減量するのがポイントです。また、最近では不眠症解消サプリメントの研究も発展してきています。サプリメントを上手に使いながら、徐々に睡眠薬を減薬して、最終的に睡眠薬に頼らず眠れるようになったというケースも増えてきています。
休薬をする場合は、休日や休日の前日など、就寝時刻を気にしなくてもよい日を利用して、眠くなったら床につき、翌朝はいつも通りの時刻に起きるようにします。
急に睡眠薬をやめると、さらに強い不眠症状が出ることもあります。必ず医師と相談しながら服薬中止を目指すようにして下さい。

不眠症解消サプリメントランキング発表

人気記事ランキング

商品で比較

商品で比較

睡眠障害でお悩みの方へ-不眠症解消.COM   運営者情報  サイトマップ  不眠解消サプリメント一覧

Copyright (C)不眠解消サプリメント比較サイト All Rights Reserved.